サービスオフィスとはWhat is Service Office

オフィス形態の種類

通常、オフィスを新設する場合は、賃貸オフィス、レンタルオフィス、サービスオフィスという種類から、費用面・運営面を考慮して契約することになります。ここでは、その違いについてご説明します。

一般的な賃貸オフィス

一般的にオフィスを新設する場合、賃貸オフィスでは次の時間と手間、また初期コストが発生します。また、契約面で中途退去も難しく、特に外資系企業にとっては撤退や移転の短期判断の妨げになる場合もあります。
・不動産物件探し〜長期の賃貸借契約
・内装・設備工事の手配から工程管理
・光熱費(電気・水道)の契約及び管理
・オフィス機器の購入及びセッティング
 (コピー&ファクス、空調器、デスク・椅子・キャビネット・応接セットなど)
・インフラ整備(電話・インターネットの契約及び取付け)

レンタルオフィス

レンタルオフィスとは、運営会社が内装や設備を整えた状態で「すぐに使える」オフィスを、条件付きで貸しているものです。通常は不動産屋などの仲介業者を通さずに、オフィス運営会社または管理会社と直接契約します。煩雑な契約手続きもなく、月極または時間単位など短期で借りることができるので、オフィス開設の時間と手間、初期コストを非常に抑えることができます。

サービスオフィス(インキュベーションオフィス)

レンタルオフィスを基盤として、さらにコピーやファクスなどのOAサービス、受付秘書による業務サービス、契約企業に対するサポートサービスなどを提供しているものが「サービスオフィス」という位置づけになります。サービスオフィスは、スピーディな業務展開を可能にするものです。
サービスを間接的に提供している運営会社と区別して、運営会社そのものが契約会社の業務拡大を目的として開設しているオフィスは、「インキュベーションオフィス」とも呼ばれます。

先頭に戻る