登記・法人化ご依頼の流れ

中山公園ビジネスセンターでは、このオフィスビルに登記していただくことができます。新人傑コンサルティングはワンストップ、登記処理も法人手続きもアウトソーシングしませんので、余計な手数料がなく、低コストで手続きすることができます。

お問い合わせ

事業プラン、営業ライセンス、中国での許認可などの疑問点を、お問い合わせページのメールフォーム、メールまたはお電話にて、当センターまでお問い合わせください。ご返信メールにて、概算見積り、疑問点についてのご返答をお返しいたします。

日本からお電話でのお問い合わせは、下記のSkypeオンライン番号をご利用ください。日本の市内通話と同じ料金で上海まで電話することができます。中国・上海からのお電話は、中国の電話番号をご利用ください。

日本からのお電話:050-5809-3208 (IP Phone)
中国からのお電話:021-5241-8118
お問合せのメール: welcome@office37.com

(オフィスのご内覧・ご契約)

諸手続きに併せて、当中山公園ビジネスセンターにオフィスを開設される場合は、「オフィスご契約の流れ」をご覧ください。

お申し込み

ご検討の上、お申し込みをご決定いただければ、当センターよりお申込書をお送りいたします。必要事項をお書きの上、下記書類も併せてご用意くださいませ。

必要書類は原則下記のものとなりますが、中国で行う事業内容や企業形態により、多少異なる場合がありますので、あらかじめお問い合わせください。

個人の場合: ご契約者の身分証明(パスポート)、顔写真(3枚)、事業内容を証明するもの
法人(日本)の場合: 法人の登記謄本(中国大使館発行の同証明書が必要になります)
ご契約者の身分証明(パスポート)、会社案内
法人(中国)の場合: 営業許可証、ご契約者の身分証明(パスポート)、会社案内
 

駐在事務所の開設に資本金は必要ありません。通常、日本本社との連絡事務所として使うだけで、販売業の場合は直販できません。逆に法人化した場合は資本金は必要になりますが、直販ができるようになります。駐在事務所でマーケティングを行い、頃合いを見て、法人化するのが一般的な流れとなります。新人傑コンサルティングなら、すべての処理を一本化できるので、駐在支援から法人手続きまで、スムーズに展開できます。

ご契約

当オフィスにて審査を行い、審査の結果をお知らせいたします。ご契約内容をご確認の上、ご契約書(甲乙)に署名・捺印を頂き、契約完了となります。

審査にかかる日数の目安は平日で1〜3日程度(土日祝日を除く)です。なお、審査結果により、ご入居できない場合もございます。また、審査内容についてもお答えできませんので、予めご了承ください。

ご入金

ご契約内容に基づいて、ご請求書を発行いたします。諸手続き料を当オフィスの銀行口座にお振込み、または当オフィスにて直接お支払いください。
※申し訳ありませんが、口座振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

駐在事務所・会社設立

営業許可証をお渡しします。

先頭に戻る